カーヴィーフィット サイズ選び

カーヴィーフィットの正しいサイズ選びが大切である!

カーヴィーフィットのサイズ選びについて

ウエストをグッと搾りバストはふっくら、メリハリ体型になるお手伝いをしてくれるというカーヴィーフィット。

 

加圧しながらくびれを作りますが、サイズ選びが間違っていると加圧したいところが上手く加圧されなかったり、きつすぎて着れない!なてことにもなりかねません。

 

自分に合ったサイズ選びをしたいですね。

 

カーヴィーフィットのサイズ選びについて説明します。

 

カーヴィーフィットのサイズは2つ

加圧のプロがこだわり抜き人体工学んい基づいてウエストの部位に適切な圧がかかるように設計されているというカーヴィーフィット。

 

この緻密に計算されて美圧構造が効率の良いくびれトレーニングをサポートしてくれるのですが、加圧が強力なぶんサイズ選びが間違っているとカーヴィーフィットがきつすぎたり、着れないということになってしまう可能性もありあす。

 

カーヴィーフィットのサイズは二つありますが、サイズ表示をしっかりと見て選んでくださいね。

 

カーヴィーフィットのサイズ

 

・Mサイズ⇒ウエスト60〜77cm、バスト79〜94cm
・Lサイズ⇒ウエスト68〜85cm、バスト86〜101cm

 

MサイズとLサイズではウエストやバストの範囲が少しかぶっていますね。

 

例えばウエスト。ウエスト68〜77cmならMとLどちらでもオッケーということなのでここで迷ってしまう人がいるかもしれません。

 

ウエストが68cmに近ければM、77cmに近ければLを選べば良いのですが、ちょうど真ん中あたりだとどっちが良いのか困ってしまいますね。

 

その場合はバストサイズとの兼ね合いを考えてバストが大きい方ならL、小さめの方ならMを選ぶと良いでしょう。

 

また、それでも迷ってしまう場合はLサイズを選ぶことをおすすめします。

 

小さめの方がしっかりウエストを絞れそうだと考えがちですが、カーヴィーフィットは伸縮性があるものの強力な圧でウエストを絞るので、反対にきつすぎて着れないということになってしまいがちです。

 

きつくて苦しいと長い時間着続けることができません。

 

カーヴィーフィットは毎日、できるだけ長い時間着て過ごすことによってくびれトレーニングができるので、きついものを無理やり1時間くらい着るのでは意味がありません。

 

まずご自身のサイズをきちんと測り正しいサイズ選びをして下さいね!   

カーヴィーフィットのここが凄い!

メリハリボディーへの近道として大人気のカーヴィーフィットですが、他の補正下着や加圧下着とどこが違うのでしょうか?

 

カーヴィーフィットの大きな特徴として強力なウエストの加圧構造はもちろんですが、特別仕様の伸張バンドにより背筋がスッと伸び正しい姿勢をキープすることができます。

 

これによってカーヴィーフィットを着るだけで美しいボディーラインになることができます。

 

そしてメリハリのあるボディー作りのためにバスト周りには特殊パワーネットが使用されています。

 

このパワーネットのおかげで綺麗な姿勢をキープすることができ、ワキや背中に流れがちなお肉を正常な位置へと戻しバストをふっくらキープすることができるようになっています。

 

また、カップが取り外し可能なので、夜はカップ付きでナイトブラとして、昼はカップを外して普段のブラの上からインナーとして用途によって使い分けることができるようになっているのも嬉しいですね。

 

他の加圧インナーや補正下着のようにウエストだけ、バストだけというのでなく総合的にセクシーなくびれボディーを作っていくのがカーヴィーフィットなんですね。

 

他の製品ではイマイチ効果を感じられなかったという人にもおすすめの美圧インナーです。

 

公式サイトの方ににカーヴィーフィットの効果も詳しく記載されていますので、この機会にぜひ一度覗いてみて下さいね!

 

>>カーヴィーフィットの最安値はこちら